Nakhon PathomのDvaravati遺跡と博物館

東南アジアは中国とインドに囲まれた地理的な条件から、古くからこの二つの文化の影響を受けてきた。そのうちベトナムの北部は中国の影響が強いエリアだが、東南アジアの他の地域はインドの影響が強く、インド由来の文化の名残が現在も残っている。

Dvaravati(ドヴァーラヴァティー王国)は6世紀から11世紀にかけてタイで栄えた仏教王朝で、首都はバンコクから西へ鉄道で1時間半ほどのところにある、Nakhon Pathom(ナコーン・パトム)だと言われている。また、その領土は現在のタイの北部〜東北部にまで及んだ。

Dvaravatiという名は、出土した銀貨にサンスクリット語で「sri-Dvaravati」と刻まれていたこと、中国の文献に「To-lo-po-ti」という名が記載されていたことに由来している。

今回の記事では、2016年8月に訪れた、ナコーン・パトムの博物館と遺跡を紹介する。

バンコクの中央駅から鉄道に乗り、ナコーンパトムへ到着。駅を降りたらすぐに巨大なストゥーパが目に入った。

タイ国鉄の時刻はこのサイトで検索できる。タイの国鉄はordinary(普通列車)なら運賃が数十バーツととても安価なので、うまく使えば旅費を節約できる。

IMG_2575

この寺院は現在も地元の方々の生活の中心のようで、参拝者でとても賑わっていた。

Phra Pathom Chedi National Museum

寺院の裏へまわると、Phra Pathom Chedi National Museum(プラー・パトム・チェディ国立博物館) がある。

博物館の営業時間は水曜~日曜 9:00~16:00、入場料は100バーツ。

博物館では、遺跡で出土した遺物や、建築物の装飾として使われていた仏像などが収蔵されていた。小さな博物館ではあるが、当時の地元の仏教美術を知る上でとても参考になる。

IMG_2585
Phra Pathom Chedi National Museumの外観
IMG_2624
仏教のジャータカ物語の一節のレリーフ
IMG_2648
多くのチャクラが展示されていた

バンコクの国立博物館でもDvaravati美術専用の展示室があり見学することができるが、やはり出土地の近くで現地のものを見られるというのは貴重な経験である。

Dvaravati王朝は、ここNakhon Pathomを中心として栄え、南に位置するKu Buaは港町として機能していた。美術史の研究によると、これらの文物の特徴から当時より外部との物品の往来があったことをうかがい知ることができると言われている。

学者によって異なる論述がなされているが、Dvaravatiはインドネシアのスマトラ〜マレー半島で栄えたSrivijaya(シュリービジャヤ)王国の影響を受けたとする説(Wales, 1978)や、Dvaravatiの仏像やその他の文物の様式が6世紀インド(グプタ様式)のものに近いとする説もある。

ともかく、東南アジアの遺跡をめぐる際に「Indianization インド化」ということを頭に浮かべながら見学すると面白い。

しかし古くから学術界では東南アジアの「インド化」という概念が提唱されているが、これには少し注意が必要な点もある。そもそもインド化とはなんなのだろうか?

インドは現在でこそインド亜大陸全体を統一しているが、歴史的に見ると、紀元前3世紀のマウリヤ朝の時代、17世紀ごろのムガル帝国、そして英国による統治が始まる時代以外はそれぞれ独立した王朝が林立しており、「インド」という一つの国としてまとまってはいなかった。しかし早くは仏教、そして土着の信仰とヒンドゥー教のコスモロジーが人々の間で共有されていた。

そのため、東南アジアの「インド化」した古代の都市では、都市計画にインドの宇宙観が反映されていたり、仏教やヒンドゥー教の寺院が建てられていた。

Wat Prathon Chedi Worawihan 遺跡

IMG_2657

博物館から東へ7キロほど行ったところに巨大な遺跡がある。徒歩だと二時間ほどかかったが、バイクタクシーも流れているので利用するのもいいと思う。

地図で見るとわかるが、一帯は水濠で囲まれており、その中心に遺跡が鎮座している。水濠に囲まれた都市というのは他の遺跡でも見られる様式だ。

遺跡の装飾として使われていたレリーフ類はすでに博物館に展示されているので、ここで見られるのは巨大な煉瓦造りのモニュメントである。

IMG_2671
以前はここに仏像が祀られていたと思われる

あまり知られていない場所なのか、見学している人影はまばらであった。

建物は煉瓦積みで、正方形の構造をしており、四辺に階段が備え付けられている。その煉瓦造りの部分が三段ほどピラミッドのように積み上げられ、その上部には現在白く塗られた塔が置かれている。

このナコーン・パトムの遺跡は規模も大きくなく、アユタヤやピマーイなどの歴史公園と比べると若干見劣りがする感は否めないが、個人的にはこのDvaravatiという王朝に興味があるので、これからも機会があれば関連の遺跡や博物館を見学したいと考えている。

帰りはナコーン・パトムの鉄道駅までも戻るのが面倒だったため、隣のTon Somrong駅からバンコクへ帰った。ナコーン・パトムにもいくつか宿泊施設があるが、バンコクから日帰りでも十分だと思う。

参考資料

1978 H. G. Wales. The Extent of Srivijaya’s Influence Abroad. Journal of the Malaysian Branch of the Royal Asiatic Society, Vol. 51, No.1(233)

Phra Pathom Chedi National Museum

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中